『クレスコ』

現場から教育を問う教育誌

クレスコ

〈2024年5月号 4月20日発行〉

【特集】子どもが幸せに生きる社会を求めて―子どもの権利条約批准30年

  • 全教共済
クレスコ
2024.5月号
2024年5月号 4月20日発行
【特集】
子どもが幸せに生きる社会を求めて―子どもの権利条約批准30年

1989年11月20日の国連総会で、「子どもの権利条約」が全会一致で採択されました。
この条約は、18歳未満を子どもと位置づけ、世界のすべての子どもたちに、自らが権利を持つ主体であることを約束したものです。国連加盟国数を上回る196の国・地域で締結され(2021年11月現在)、世界で最も広く受け入れられている条約となっています。

日本は1994年4月22日に批准し、今年30周年となります。
しかし、「子どもの権利条約」を締約しただけで子どもの権利は守られるようなものではなく、日本でもいまだ課題は山積しています。

本特集では、あらためて「子どもの権利条約」について学び合い、子どもの権利が実現する社会にむけてとりくみを進めたいと考えています。

【主な内容】
  • ★特集★
  • 「子どもの最善の利益」を考えるために……増山均(早稲田大学名誉教授)
  • 子どもの権利条約批准30年と自治体の子ども行政……児玉洋介(子どもの権利条約市民・NGOの会)
  • 生きるための主権者教育……川中たいじ(日本中学生新聞)
  • ☆連載☆
  • 私の出会った先生……柴田真佐子(日本婦人団体連合会会長)
  • 世界の取材現場から見た日本……金平茂紀(TBS「報道特集」特任キャスター)
  • 子どもも大人も電子スクリーン症候群……大谷良光(子どものネットリスク教育研究会代表)
youtubeの画像