クレスコ
②クレスコ2021.9
2021年9月号 8月25日発売
【特集】
「コロナ禍」2年目 今、大切にしたいこと

 新型コロナウイルス感染拡大による一律休校から1年半。感染症終息の見通しが不透明ななか、長期にわたり様々な活動が制限されるもとで、子どもたちの成長・発達への影響が危惧されています。
 コロナ禍で「うつ」症状を訴える子どもも増えています。困っているサインを見逃さないとともに、安心して過ごせる環境づくりと、子どもたちの発達の願いに応える対応が求められています。
 コロナ禍で奪われた子どもたちの日常。子どもたちは一見、「新しい生活様式」にもすっかり慣れたかのように見えますが、一人ひとりは今、どんな思いを抱えているのでしょうか。
 この間、学校現場においても「コロナ」への対応をめぐり、様々な議論をおこなってきました。ここであらためて立ち止まり、考え合うための特集としたい。

【主な内容】
youtubeの画像