『クレスコ』

現場から教育を問う教育誌

クレスコ

〈2022年11月号 10月20日発売〉

【特集】高校の学びはどこに向かうのか

  • 全教共済
クレスコ
クレスコ2022.11
2022年11月号 10月20日発売
【特集】
高校の学びはどこに向かうのか

2020年に文科省が高校の「普通科改革」「専門科改革」の方針を打ち出し、とりわけ全体の7割以上を占める普通科の解体は大きな影響をもたらしています。文科省は今年7月、普通科改革支援事業の採択校を発表し、第二次募集も併せて「改革」推進校を増やしています。

一方、この間高校統廃合や学科再編が全国で推し進められるとともに、各校は「魅力づくり」「特色づくり」に追われました。さらに私学への進学増や広域の単位制・通信制高校の台頭と拡大で、公立高校の定員割れが深刻化しています。

国は「Society 5.0に向けた人材育成」のもとにICT化やSTEAM教育を急速に展開し、現場では「人材」づくりとしての教育がいっそう強まっています。このようななかで、高校教育が子どもたちの学ぶ権利を保障できるのかどうか、その役割があらためて問われています。

本特集では、再編と多様化の進む高校の現状と課題を共有し、高校教育に今何が求められているのかを考え合う契機としたい。

【主な内容】
  • ★特集★
  • 「高校改革」の現状と課題―不易と流行……中田康彦(一橋大学)
  • 高校多様化の現状と課題……加藤聡也(愛知県高等学校教職員組合執行委員長)
  • 福島 / 埼玉 / 岐阜 / 和歌山 ほか
  • ☆連載☆
  • <リレーエッセイ> 私の出会った先生……ぼうごなつこ(漫画家)
  • 世界の取材現場から見た日本……金平茂紀(TBS「報道特集」特任キャスター)
  • 憲法と私……布施祐仁(ジャーナリスト)
youtubeの画像