『クレスコ』

現場から教育を問う教育誌

クレスコ

〈2022年12月号 11月20日発売〉

【特集】豊かさを育む学校図書館を

  • 全教共済
専門部

センたまNET☆主催の「先生とたまごのがっこ2010」が開催されました



 12月5日、東京学芸大学で、先生と先生のたまご(学生)でつくる教育サークル「センたまNET☆」主催の学習会が開かれ、21大学59人の学生を含む約120名の参加がありました。

 この学習会は、首都圏の学生と青年教職員でつくるサークル「センたまNET☆」が主催し、4回目の開催となります。全教青年部としても、このとりくみを重視し協力してきました。

 この学習会のねらいは、民主的で「子どもを真ん中にした教育」を、これからの教育を担う世代が学ぶことにあります。
 いま、学校現場では「管理と競争の教育」が上からもちこまれ、目に見える形で成果をあげることが強調されがちです。そんな中だからこそ、一人ひとりの子どもたちに寄り添い、抱えている思いや困難を受けとめながら、子どもの成長を丁寧に支援していく。そういった教育観を、実践をとおして学ぶことが大切です。

 午前中は、今関和子さんによる全体講演。ご自身が失敗を繰り返しながら教師として成長してきたことや、教師として生きる喜びなど、エピソードをまじえて熱く語っていただきました。
 お昼は、学生と教職員が校種別に分かれ、ご飯をたべながらの交流。学生にとっては、現場の生の情報を得られる貴重な時間で、いろいろな質問が相次ぎます。





 午後は、13の選択授業から2つを選んで受講。教科教育から生活指導、道徳教育のあり方まで、多彩な授業で充実した時間をすごしました。
関連ワード:
youtubeの画像