ニュース

文科省に「特別支援学校、特別支援学級等の学校再開にあたっての緊急提言書」を提出

 全教は6月8日、文科省に対し「特別支援学校、特別支援学級等における新型コロナウイルス感染症対策と学校再開にあたっての緊急要請書」を提出しました。

 多くの学校が再開されていますが、新型コロナウイルス感染拡大への対策は引き続き重要であり、とりわけ基礎疾患のある児童生徒が多く在籍する特別支援学校や特別支援学級ではより一層の対策が必要です。

 しかし、過大化・過密化が進む特別支援学校や特別支援学級において、必要な感染防止対策をとるには、多くの課題があります。学校再開にあたり、各自治体や学校、学級まかせにするのでなく、国の責任でその実状を把握し、十分な予算措置をとり、障害に応じた必要な対策をとることが緊急に求められます。

 全教は、「特別支援学校、特別支援学級等における新型コロナウイルス感染症対策と学校再開にあたっての緊急要請書」を文科省に提出し、「空き教室のない特別支援学校などに対して、教室の代替となる場所の確保と人の配置をおこなうこと」を緊急要請しました。

 要請には、檀原毅也全教書記長、佐竹葉子中央執行委員、垣見尚哉都障教組書記長が参加しました。

youtubeの画像