ニュース

みんなで21世紀の未来をひらく教育のつどい~教育研究全国集会2012に7000人



 8月17日から3日間、神戸市を中心として、教育研究全国集会2012実行委員会が主催する「教育のつどい2012」が開催されました。北海道から沖縄まで、子ども、保護者、教職員が7000人以上参加し、7つのフォーラム、29の分科会で熱い討論と交流が行われました。

 初日の開会全体会は、阪神淡路大震災復興のシンボルである神戸国際会館で行われ、兵庫商業高校吹奏楽部の演奏で幕が開きました。反原発を訴えている高校生タレントの藤波心さんのオープニングトークに続いて、脚本家で、連続テレビ小説「カーネーション」の作者である渡辺あやさんの講演が行われました。

 昨年10月の滋賀県大津市における中学2年生の自殺事件にかかわって、開会全体集会の代表委員あいさつと討論の呼びかけに応えて、多くの分科会や教育フォーラムで真摯な討論が行われました。

 集会最終日には、実行委員会による「子どもたちのいのちを慈しみ、人間として大切にする学校・地域・社会を創るために力を合わせましょうー父母・国民、教職員のみなさんに呼びかけます」と題した、教育のつどい2012アピールを発表しました。

関連ワード:
youtubeの画像