『クレスコ』

現場から教育を問う教育誌

クレスコ

〈2024年5月号 4月20日発行〉

【特集】子どもが幸せに生きる社会を求めて―子どもの権利条約批准30年

  • 全教共済
ニュース

 全国教育文化会館で開催された「つどい」には、全国各地から教職員、父母、高校生、教育関係者ら140人が参加。子どもたちの置かれている現状やとりくみを交流しました。子ども全国センターの三上満代表委員が開…

 戦後はじめて日本国民が自らの意思で長く続いてきた自民党政権を倒し、新しい政治への探究を始めた激動の情勢のもと、全教は2月13日・14日、第27回定期大会を東京で開催しました。大会は、国際社会でも日本…

「秋の大運動」の成功と組織拡大の前進を意思統一! 全教は、第39回中央委員会を開催し、前回の中央委員会(6月)からのたたかいの到達点を総括するとともに、当面する運動方針を決めました。国民の力で自公政治…

 ゆきとどいた教育をすすめる会は、教育予算の大幅増額で教育格差をなくそう!と「第21回ゆきとどいた教育を求める全国署名スタート集会」を東京で開催し、約400人の父母、教職員がつどい、今年の全国署名のと…

新自由主義乗り越える教職員組合のたたかいを交流!  全教は6月13~14日の2日間、『ILO・ユネスコ「教員の地位勧告』とCEART勧告を教育にいかす国際シンポジウム』を民研、教組共闘連絡会と共催して…

教育課程づくりのとりくみを大きく飛躍させよう!   全教は28~29日、一つひとつの学校からの教育課程づくりの実際のとりくみについて、討論・交流し、教育課程づくりのとりくみを大きく飛躍させることを目的…

【中央団体からの決意表明】 米浦 正(全日本教職員組合 中央執行委員長)全教委員長の米浦です。 私は、この問題の政治的な背景を考えてみたいと思います。 「自国の歴史を貶める自虐史観からの脱却」――これ…

【ひめゆり学徒の沖縄戦体験】 上江田 千代(東京沖縄県人会 ひめゆり同窓会東京支部副会長)   みなさまこんばんは。ただいま紹介いただきました。元ひめゆり学徒の上江田千代と申します。今日は、この意義あ…

写真:県民大会の要請団は、高校生が「教科書に真実を」「嘘はかかないで」などと書いた寄せ書きを手に決意を述べた 教科書検定意見撤回を求める10・15総決起集会を開催!教科書検定意見の撤回をもとめ、10月…

【講演】  山口 剛史(琉球大学教育学部 准教授)   みなさん、おはようございます。ご紹介いただきました山口です。 ここまでの運動の到達と今後の運動の課題を紹介させていただくことと、問題のいわゆる政…

youtubeの画像