オピニオン

一方的に臨時休校を押しつけるのでなく、国の責任で十分な財政措置をとり、すべての子どもたちのいのちと健康・安全を確保できる体制の確保を

 全教は2月28日、標記の書記長談話を発表しました。

youtubeの画像