『クレスコ』

現場から教育を問う教育誌

クレスコ

〈2024年2月号 1月20日発行〉

【特集】臨時教職員・会計年度任用職員が学校を支えるリアル

  • 全教共済
新着情報

【国会報告】日本共産党 井上 哲士 参議院議員 みなさんご苦労さまです。参議院の国会対策委員長を務め、文教科学委員会に所属しています井上哲です。いま衆議院の特別委員会で教育改悪3法案の審議の真最中なの…

 全教と教組共闘は、教育改悪3法案のたたかいと改憲手続き法案の強行を許さないたたかいを結合させ、なんとしても廃案にしようと、「教育改悪3法案・改憲手続き法案反対4・25中央行動」を開催しました。この日…

2007年 4月24日 全日本教職員組合 書記長 東森 英男 政府は、本日、国家公務員法改定案と公務員制度改革に関する基本方針について、今国会での成立を企図し、閣議決定した。この間、私たちは全労連公務…

 参議院では、先週3回の憲法調査特別委員会を開催、しかも開催日程を前日夜の理事懇談会で決める、との強行な日程です。開催があまりに急に決められるため国民は傍聴もできず、議員に至っては特別委員会での審議状…

 全教常任弁護団は、本年実施される全国一斉学力テストが、個人情報保護法等の個人情報保護の立場からみて重大な疑念のあることを明らかにしてきました(見解『全国一斉学力調査と個人情報保護をめぐる法的問題』3…

2007年 4月18日 全日本教職員組合 書記長 東森 英男 昨日夜にひきおこされた暴力団幹部による伊藤長崎市長に対する銃撃事件は、選挙運動中の候補者・現職市長に対するテロという意味でも、民主主義に対…

2007年 4月17日 全日本教職員組合 中央執行委員長 米浦 正 本日、教育改悪3法案が衆議院で審議入りしました。教育改悪3法案は、以下に述べる重大な問題点をもつものであり、私たちは廃案をめざし、全…

2007年 4月13日 全日本教職員組合 書記長 東森 英男一、本日、自民・公明の両与党は、拙速を避け徹底審議をもとめる圧倒的な国民世論を無視し、憲法9条改悪の条件づくりである国民投票法案=改憲手続き…

【発言】田中 隆 弁護士(自由法曹団 幹事長、全教常任弁護団) こんばんは、弁護士の田中といいます。 自由法曹団の幹事長をやっています。 本来ですとどちらかというと、改憲手続き法と激突するのが本務の仕…

【基調報告】山口 隆 全日本教職員組合 中央執行副委員長 はじめに 本集会の開催の意義について   文部科学省は、4月24日に、不参加表明している愛知県犬山市と約4割の私学をのぞく、全国すべての小学校…

youtubeの画像